赤ちゃんにも使える~アボカド石鹸のレシピ~

~アボカド石鹸は栄養価が高い赤ちゃんにも優しい~

赤ちゃんは肌が敏感です、その赤ちゃんにも使うことができて、そして肌にトラブルのある人にも使えます。また、そうでない方にもマイルドで優しい使い心地を楽しめるアボカド石鹸のレシピを紹介します。使用しているアボカドオイルの他にも色々な種類のオイルを混ぜ合わせて好きな香りを作ったり、自分の肌に合った成分だけが入ったオリジナル石鹸を作る事もできますよ。赤ちゃんが生まれたお友達にプレゼントなんてどうですか?

材料のアボカドオイルは健康効果を高める植物油として注目されています

オリーブオイル・・・100g
アボカドオイル・・・100g
精製水・・・60g
苛性ソーダ・・・70g(薬局で購入できます。)
ココナッツオイル・・・100g
パームオイル・・・200g

ベビー仕様のアボカドオイル石鹸のレシピ

1:苛性ソーダ水を作ります。ガラス瓶か耐熱カップ精製水を入れて、苛性ソーダを少しずつ加えてよく混ぜます。苛性ソーダが化学反応を起こして発熱し臭が出ますので注意して換気をしながら作業をしましょう。(ガラスのビンは空き瓶などでOKです。)
2:両方の温度を揃えます。ボウルオリーブオイルアボカドオイルココナッツオイルパームオイルを入れオイルと苛性ソーダ水の温度ををそれぞれ40℃~50℃で揃えましょう。温度を揃える事でよく混ぜ合わさりますので。
3:苛性ソーダ水をオイルに加えます。一気に入れないで、少しずつ入れていきましょう。混合オイルを再び混ぜ合わせていきましょう。しっかりと混ぜてくださいね。
4:3を30分ほどかき混ぜては休み混ぜては休みを繰り返します。15分ほどかき混ぜ続けて白くとろみが出てきたら、さらに15分ほど休み休み混ぜるという感じでもいいですよ。そして生地がもったりと表面に文字が書けるほどの固さになったらOKです。(トレースという現象ですね)
5:そして固くなりすぎる前に、自分の好きな型に流し込み、タオルで包んで保温し、一昼夜寝かせましょう。
6:固まり具合を確認し、石鹸を取り出して崩れない固さになっていたら、包丁などを使って適当な大きさに切り分けます。
7:固まっていれば使用できるので、使ってみましょう。もし熟成させる時は風通しのよい日陰で、約2週間程熟成させれば出来上がりです。

こだわりの材料や道具


左:アボカドオイル 、右:ココナッツオイル


左:パームオイル 、右:オリーブオイル


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP